4月 252017
 

今回のテーマは、ラズパイ(Raspberry Pi)に関するものです。
RATOC e2eStore では、近年IoT関連で注目されている超小型シングルボードコンピュータ Raspberry Pi
のサポートを開始しました。

RATOC e2eStoreのサイトでは、Raspberry Pi で使用するための設定方法やサンプルプログラムなどの
情報を提供しており、Raspberry Pi をサポートする製品を集めた ラズパイ対応製品のカテゴリページ も
新たに追加しました。

Raspberry Pi はLinuxをベースとしたOSが搭載可能で、インターネットへの接続環境が標準で
利用できることから、様々なセンサーデバイスと組み合わせてIoTを実現するための産業用
コンピュータとしても使われ始めています。
2016年から発売の「Raspberry Pi 3 Model B」はBluetooth 4.1 に標準で対応しており、ラズパイを
Bluetooth LEタグとして動作させたり、ラズパイからBluetooth LEタグへの接続が簡単になっています。

そこで今回は、ラズパイからBLEデバイスへ接続し制御する方法を Bluetooth4.0+LE対応 紛失防止タグ
のREX-SEEK2
を使って紹介します。

続きを読む »

3月 302017
 

以前に「SPI/I2C Serial EEPROMへのアクセスを簡単に」と題して、数回に渡りREX-USB61-EEPROM
紹介させていただきました。
その中で専用のEEPROM書込みソフト(EEPROMProg.exe)について説明しましたが、このソフトのRev.2が
リリースされました。
大きな追加点としては、REX-USB61mk2 へ対応したことです。

これによって、スクリプトやプログラムを作成することなく、REX-USB61mk2 が持つ様々な機能を
使ってSPI/I2C EEPROMへのアクセスが行えるようになります。
今回は、このEEPROMProg.exe Rev.2 での新機能について説明します。

続きを読む »

1月 262017
 

前回の「REX-USB61mk2の新機能 レジスタ設定ツール(その1)」では、
REX-USB61mk2用として新たにリリースされたレジスタ設定ツールを紹介し
実際にRTC-8564NBを接続し動作させてみました。

今回は、このレジスタ設定ツール用にレジスタマップ、レジスターフィールドを定義するXMLファイル
について説明します。詳しい説明は、レジスタ設定ツールマニュアル [USB61mk2_REG_10.pdf]に
記載されていますので、以下よりダウンロードして合わせてご覧ください。

http://www.ratoc-e2estore.com/products/detail.php?product_id=47#download

それでは、このレジスタ設定ツール用 XMLファイルの記述内容について説明していきましょう。
続きを読む »

9月 292016
 

前回の「REX-USB61mk2で強化された機能(その4)」では、
REX-USB61mk2添付ソフトウェアのスクリプト実行アプリケーション USB61mk2_Script.exe
について紹介しました。

今回は、REX-USB61mk2用として新たにリリースされたレジスタ設定ツールのお話です。

[レジスタ設定ツール]とは、I2Cデバイス内にあるレジスタの読出しや設定を画面上から簡単に
行うことができるアプリケーションで、以下の特徴があります。
・I2Cデバイスの仕様書等にあるレジスタフィールドの表記と同様な表示が可能。
・I2Cデバイスのレジスタ表示詳細をXMLで記述、ユーザによるカスタマイズが可能。
・読み出したレジスタ値のCSVファイル保存が可能

それでは、以降でこのレジスタ設定ツールについて説明していきましょう。
続きを読む »

7月 072016
 

こんにちは
今回は、RS-232C接続の無線化を手軽に実現する方法についてのお話です。

今や無線というと、スマホやタブレットの普及によりWi-FiやBluetooth等による
無線の通信が一般的になっていますが、今回は、そのうちのひとつである
Bluetoothを使ってRS-232C接続を手軽に無線化する方法の紹介です。

では、なぜWi-FiではなくBluetooth なのかということですが、
これには、Wi-FiとBluetooth の違いと特徴を見ていくとわかります。

Wi-Fiは複数の機器同士でWireLess LANのネットワークを構築して通信することを想定しています。
一方、Bluetoothは基本的に1対1での通信を目的としています。
Bluetoothは、通信距離や通信速度の点でWi-Fiに比べて劣りますが、
セットアップの方法はWi-Fiに比べると簡単です。
また、消費電力がWi-Fiと比べると少ないといった利点もあります。

そして、BluetoothにはRS-232Cの無線化にとって重要な特徴があります。
それが、Bluetoothが持つシリアル通信を無線化するための専用プロファイルである
SPP(シリアルポートプロファイル)を持っていることです。

このSPPをそのまま利用することで透過的に機器間のデータ通信が行えるため、
RS-232Cによるシリアル通信を簡単にBluetoothへ置換えることができるのです。
そして、この置換えのことをケーブルリプレイスメントと呼びます。

RATOC e2eStoreでは従来からRS-232C/Bluetooth変換アダプタのREX-BT60を販売していましたが、
今回は、新たにこの製品を進化させてケーブルリプレイスメントを簡単に導入するためのセット製品
を用意しました。

それが、今回紹介する「REX-BT60CR ケーブルリプレイスメントセット」です。
bt60cr-top

続きを読む »

2月 092016
 

前回の「REX-USB61mk2で強化された機能(その3)」では、
REX-USB61mk2の添付ソフトウェアのスクリプト実行アプリケーション USB61mk2_Script.exe の機能について紹介しました。
引き続き、REX-USB61mk2添付ソフトウェアのスクリプト実行アプリケーション USB61mk2_Script.exe を紹介します。

今回は、サンプルスクリプトを記述して実際にデバイスを接続しての操作について紹介していきます。
続きを読む »

7月 102015
 

前回の「REX-USB61mk2で強化された機能(その2)」では、REX-USB61mk2で強化された機能の中の高速化された機能と汎用入出力ポート(DIO)のサポートについて紹介しました。

引き続き、今回もREX-USB61mk2で強化された機能について紹介していきます。

今回は、REX-USB61mk2添付ソフトウェアのスクリプト実行アプリケーション USB61mk2_Script.exe を紹介します。

続きを読む »

5月 282015
 

前回の「REX-USB61mk2で強化された機能(その1)」では、
REX-USB61mk2で強化された機能のスクリプト機能、仮想COM機能、API関数について紹介しました。

引き続き、今回もREX-USB61mk2で強化された機能について紹介していきます。

今回は、REX-USB61mk2で高速化された機能と汎用入出力ポート(DIO)のサポートについて説明します。

続きを読む »

3月 192015
 

前回の「機能が大幅に強化されたSPI/I2Cプロトコル・エミュレータが新登場!!!」では、
REX-USB61mk2の外観を中心に紹介しました。

今回からは、REX-USB61mk2で強化された機能について紹介していきます。

まずは、スクリプト機能、仮想COM機能、API関数について説明します。

続きを読む »

3月 102015
 

さて、今回はSPI/I2C関連の新製品のお話です。

以前からも当ブログで紹介させていただいております「SPI/I2Cプロトコル・エミュレータ REX-USB61」は、
2007年に発売を開始して以来 7年以上に渡り数多くのお客様に支持を頂いておりますロングセラー商品です。

この度新たにこのハイグレード版として新製品「REX-USB61mk2」が登場します。

REX-USB61mk2の商品化にあたっては、普段からREX-USB61やREX-USB61Mをご愛用いただいております
数多くの開発者やエンジニアの方々からの声を取り入れさせていただき開発者にとってうれしい機能が数多く
追加されています。

REX-USB61mk2の主な特徴は以下のとおりです。

 ● SPI/I2C 両対応の高性能USB接続アダプター
  - SPIはマスター/スレーブ、Single/Dual/Quadをサポート
  - I2Cはマスター/スレーブ、5つの通信プロトコルをサポート
 ● スレーブモード(2ch)でデバイスのエミュレートが可能
 ● デバイスおよび本製品への電源供給可能
  - デバイスへの電源供給可能 (1.8V~5Vまで4レベル)
  - 本製品への電源供給可能(1.8V~5V対応)
 ● 新設計による高速転送を実現
 ● 最大8bitのDIOをサポート
 ● スクリプトによる自動制御が可能
 ● 仮想COMモードをサポート
 ● ユーザーアプリケーション環境をサポート
 ● 本製品を最大4台まで接続可能
 ● ハウジング付ばら線ケーブル添付
 ● LED確認でデバイスを安全に取り外し
 ● ファームウェアのバージョンアップが可能
 ● 有害6物質不使用

今回はこの「SPI/I2Cプロトコルエミュレーター (ハイグレードモデル)REX-USB61mk2」について
紹介させていただきます。

続きを読む »