トップ  >  ハードウェア  >  シリアル(RS-232C,低電圧,RS-485)  >  USBシリアルコンバーター(USB Type-Aコネクタ)

現在のカゴの中

合計数量:0

税込金額:0円

カゴの中を見る

検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

画像を拡大する
  • LinuxReady

  • Android

*

☆☆☆ 8月下旬出荷予定 ☆☆☆



この製品は、従来品 REX-USB60Fの後継製品になります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本製品はホスト端末との接続コネクタに
[USB Standard Type A]コネクタを採用しています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【対応OS】

REX-USB602F対応環境

※本製品にはドライバーCDおよび印刷物の取扱説明書は付属しておりません。
当社サイトやGoogle Playよりダウンロードしていただく必要があります。


↑クリックするとRaspberry Pi対応情報が表示されます。
  • NEW
  • おすすめ
商品名 USBシリアルコンバーター(USB Type-Aコネクタ)
型番 RS-USB602F
商品コード 8000261
JANコード 4949090600706
メーカー ラトックシステム
価格 定価:7,040円
6,400円(税抜)
販売:5,200円
4,728円(税抜)
会員7,040円
6,400円(税抜)
在庫 予約販売受付中
複数購入に関するお問い合わせは下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

【タブレットPCでもRS-232C機器が接続可能】



* USB ポートにRS-232C 機器が接続可能
RS-USB602FはパソコンのUSBポートに、RS-232C機器(シリアルデバイス)を接続し、制御・管理できるUSBシリアルコンバーターです。
USBポートからのバスパワーで動作し、外部からの電源供給は不要です。
約30cmのケーブルでRS-232C機器と接続し通信が可能です。
これまでのRS-232C機器の資産を活かしつつ、シリアルインターフェイスを持たないUSBポート搭載PC・Android端末などを接続することができます。

※離れた設置場所との通信が必要な場合は、別製品で250cmのロングケーブルモデル「RS-USB602F-25」も用意しています。

* 従来品 REX-USB60Fの後継製品

本製品は、従来品 REX-USB60Fの後継製品になります。
内蔵のUSBシリアルコントローラ(FTDI社製)の販売終了にともない、同じFTDI社製の互換のUSBシリアルコントローラへ切り替え、商品名をRS-USB602Fに変更し、REX-USB60Fの後継品として商品提供を継続します。
したがって、REX-USB60Fの置き換え製品として安心してそのままご使用頂けます。

* D-Sub 9ピンコネクタでRS-232C機器に装着

RS-USB602FのRS-232Cコネクタは、D-Sub 9Pinオス(EIA/TIA-574 仕様)を採用。
別途市販の変換コネクタを使用すれば、D-Sub 25ピンの機器も接続できます。


コネクタ変更や特定機器向けのカスタマイズなどOEM向け受注生産については、受託開発の窓口までお問い合わせください。


* 設定不要の簡単セットアップ(Windows)
デバイスドライバーをダウンロード提供。セットアップファイルを実行して本製品をUSBポートに接続するだけで、仮想的にCOM(RS-232C)ポートとして認識されます。
USBでホットプラグ
パソコンのIRQリソースは占有せず、空いているCOMポートに仮想COMポートとしてアサインされます。
COMポート番号は、デバイスマネージャーより変更可能です。
COMポート割り当て

※RS-232Cポートに接続して使用するシリアルマウスはサポートしていません

* Windows のCOMポートデバイスとして使用可能
WindowsPCで使用時、RS-USB602Fに接続しているデバイスは自動的にCOMポートデバイスとして認識。
既存のCOMポートアプリケーションがそのまま使用可能です。

* 通信を確認するためのサンプルプログラムを提供
簡易ターミナルアプリのサンプルプログラムをソースコード付きでダウンロード
提供。お客様のプログラム作成にお役立ていただけます。
各種ソフトウェアのダウンロードはラトックシステムの製品紹介ページよりお願いします。
ダウンロードはこちら


* Android端末でもRS-232C機器が使用可能

*
  • AndroidスマートフォンやタブレットでRS-232C機器が使用できます。
  • RS-232CポートをもたないAndroidスマートフォンやタブレットからUSBポート経由でRS-232C接続のバーコードスキャナー、電子天びん、磁気カードリーダー、RF-IDタグリーダーなどに接続できます。
    ※ 古いスマートフォンやタブレット等のUSBホスト機能に対応していないUSBポートでは使用できません

    * 通信状態がよくわかる通信モニターLED搭載

    COMポート割り当て
    本製品と接続された機器との通信状態がわかるLEDを搭載。
    USB バスから正常に5V 供給が行われていればPOWER LED が点灯します。
    ※POWER LEDは消灯している場合、本製品は使用できません。
    RS-USB602F本体にはPOWER LEDのほか、送信・受信LED を搭載。 データの流れを簡単にモニターすることができます。

    * Raspberry Piでは /dev/ttyUSBx デバイスとして認識

    FTDI社製USBシリアル コントローラ用のドライバ「ftdi_sio」を利用でき、/dev/ttyUSBx デバイスとして認識されます。
    PythonのPySerialモジュールで簡単に制御できます。
    詳しくは[ラズパイ対応情報]をご覧ください。


    * 有害10物質不使用

    *RS-USB602Fは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE、DEHP、BBP、DBP、DIBPの有害10物質を使用していない、環境と人にやさしい製品です。

    >> ラトックシステム有害化学物質制限の取り組み


    ◆一般仕様◆
    ■USBシリアルコンバーター RS-USB602F

    名称 USBシリアルコンバーター
    型番 RS-USB602F
    インターフェイス USB USB Specification Rev2.0準拠
    RS-232C EIA/TIA-232-F Standards準拠
    RS-232C 最大DTE速度 最大230 Kbps
    LEDインジケータ POWER / TXD / RXD
    RS-232C 接続コネクター D-Sub9 オス/固定ネジ#4-40 六角メス
    USB 接続コネクター Standard-A コネクタ(Type-A)
    電源電圧 DC+5V (USBバスパワー)
    平均14mA (5V) / 最大22mA (5V) / サスペンド時約 1mA
    外形寸法 本体部 約85mm(L)×28mm(W)×11mm(T)
    ケーブル全長約85cm
    重量 約55g
    製品内容 ・REX-USB602F本体
    ・インストールガイド
    ・保証書(1年)
    ※本製品にはドライバーCDは付属しておりません。
    当社サイトやGoogle Playよりダウンロードしていただく必要があります。
    ダウンロード提供ソフトウェア シリアル通信ドライバー(Windows用)
    サンプルプログラム(Windows、Android用)
    対応機種 USBポートを装備したWindows PC、Android端末
    対応OS 【Windows】
    Windows 11、Windows 10
    Windows Server 2022、Windows Server 2019、
    ※32ビット/64ビット両対応

    【Android OS】

    ■ご注意
    ・本製品は国内仕様となっており、海外についての保守およびサポートはおこなっておりません。
    ・記載されている名称・商品名は各社の商標または登録商標です。
    ・予告なく外観または仕様の一部を変更することがあります。


    ハードウェア仕様

    ■コネクタピンアサイン

    D-SUB 9ピン(オス)D-SUB 9ピンオス

    ピン番号 信号名 説明
    1 Data Carrier Detect (DCD) キャリア検出
    2 Receive Data (RxD) データ受信
    3 Transmit Data (TxD) データ送信
    4 Data Terminal Ready (DTR) 端末レディ
    5 Signal Ground (SG) 信号用接地
    6 Data Set Ready (DSR) データセットレディ
    7 Request to Send (RTS) データ送信要求
    8 Clear to Send (CTS) データ送信可能
    9 Ring Indicate (RI) 被呼表示

    【Raspberry Pi 対応情報】

    このページでは、RS-USB602FをRaspberry Pi で使用するための情報を提供しています。

    概要
    RS-USB602FをRaspberry Piで使用するためには、FTDI社製USBシリアル コントローラ用のドライバ「ftdi_sio」を利用します。
    このドライバは、Raspberry Pi OSのインストール時に標準でインストールされ使用できるように設定されます。
    ここで説明する簡単な設定だけで RS-USB602Fも使用することが可能になります。
    設定手順

    REX-USB602Fの装着と確認


    RS-USB602FをRaspberry PiのUSBポートに装着します。
    そして、RS-USB602FのVendorID=0584とProductID=b050を指定して [lsusb]コマンドを実行します。

    ~ $ lsusb -d 0584:b050
    Bus 001 Device 009: ID 0584:B050 RATOC System, Inc. RS-USB602F
    RS-USB602Fが正しく検出されている場合、上記の表示となります。

    また、[dmesg]を実行して以下の検出ログが確認できます。

    ~ $ dmesg
    ...
    New USB device found, idVendor=0584, idProduct=b050
    New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
    Product: USB-Serial Converter
    Manufacture: RATOC Systems,Inc.
    ...

    usbserial: USB Serial support registered for generic
    usbcore: registered new interface driver ftdi_sio
    usbserial: USB Serial support registered FTDI USB Serial Device
    ftdi_sio 1-1.5:1.0: FTDI USB Serial Device converter detected
    usb 1-1.5: Detected FT232BM
    usb 1-1.5: FTDI USB Serial Device converter now attached to ttyUSB0

    以上で、RS-USB602Fが/dev/ttyUSB0 として使用できるようになりました。

    通信の確認
    ここでは、Raspberry Pi と Windows PC にそれぞれ、RS-USB602Fを接続し相互にデータを送る簡単な通信確認を行います。
    RS-USB602F同士を接続するケーブルは、クロスケーブルを使用します。
    ケーブルの接続ができたら、Raspberry Pi側とWindows PC側でそれぞれターミナルソフトを起動しデータ通信を行います

    すべての接続ができたら、Raspberry Pi側とWindows PC側でそれぞれターミナルソフトを起動しデータ通信を行います。
    Raspberry Pi側のターミナルソフトは「cutecom」を使います。
    Windows PC側のターミナルソフトは「Teraterm」を使います。

    Raspberry Pi側でcutecomm がインストールされていない場合は、 cutecom を以下のコマンドでcutecom をインストールします。

    ~ $ apt-get install cutecom

    cutecom を起動します。

    cutecomメイン画面


    最初に通信パラメタを変更します。
    cutecom設定画面

    Device: 欄の [/dev/ttyS0] をREX-USB602Fのデバイス名 [/dev/ttyUSB0] に変更します。
    [Baud rate][Data bits][Stop bits][Parity]を設定します。
    openボタン
    最後に、[Open Device]をクリックします。
    以上で準備はできたので、実際にデータを送信・受信して確認します。

    送信テストは、CutecomのInput欄にテスト用の送信文字列を入力し、リターンキーを押します。
    そして、送信文字列と同じ内容が Windows PC側で表示されることを確認します。

    受信テストは、Windows PC側から送信したデータが Cutecomの画面上側の欄に表示されることを確認します。

    Pythonでの使用
    ここでは、PythonスクリプトでRS-USB602Fを使用する方法を説明します。
    PythonでUSBシリアルを使用する場合、pyserialモジュールが利用できます。

    データの送信

    以下のスクリプトは、現在の日時を取得し文字列に変換して送信します。
    1秒おきの送信を10回繰り返して終了します。
    
    import sys
    import serial
    import time
    import datetime

    def main():
    ser=serial.Serial('/dev/ttyUSB0',9600,timeout=10)
    title="Serial port send test : "+ser.portstr
    testmsg="a quick brown fox jumps over the lazy dog."
    print(title)
    i=0
    while i < 10;
    d= datetime.datetime.today()
    str1=d.strftime("%Y-%n-%d %H:%M:%S: ")+testmsg+'\n'
    outdata=str1.encode('utf-8')
    ser.write(outdata)
    print(outdata)
    i=i+1
    time.sleep(1)
    ser.close()
    print("End of send test")

    if __name__ = '__main__'
    main()

    ・モジュールのインポート

    最初の [import serial] で pyserialモジュールをインポートします。

    ・通信ポートのオープン

    serial.Serial('/dev/ttyUSB0', ...) でRS-USB602Fのデバイス名を使ってポートをオープンします。

    ・データの送信

    シリアルデータの送信は、write() 関数で行いますが、送信データはバイト型データで送る必要があります。
    一方、変数 str1 は文字型変数なので str1.encode('utf-8') を使って
    文字型データからバイト型データに変換を行った後に ser.write(outdata) でデータを送信しています。


    データの受信

    以下のスクリプトは、データを改行コード(LF)まで受信したら、現在の日時を先頭に付けて画面に表示します。
    10回受信したら終了します。

    
    import sys
    import serial
    import time
    import datetime

    def main():
    ser=serial.Serial('/dev/ttyUSB0',9600,timeout=10)
    title="Serial port read test : "+ser.portstr
    print(title)
    i=0
    while i < 10;
    d= datetime.datetime.today()
    str1=d.strftime("%Y-%n-%d %H:%M:%S")+'\n'
    indata=ser.readline()
    str2=indata.decode('utf-8')
    print(str1 +str2)
    i=i+1
    ser.close()
    print("End of read test")

    if __name__ = '__main__'
    main()


    ・データの受信

    シリアルデータの受信は、readline()関数で行います。
    受信データは、バイト型データで取得されるため、文字列として扱うために
    str2.indata.decode('utf-8') を使ってバイト型データから文字型データに変換してから画面に表示します。


    このページで紹介した情報を「RS-USB602FのRaspberry Piでの使用について」というドキュメントまとめており、こちらからダウンロードできます。


    (ここで紹介されている内容は、2024年6月27日時点での情報に基づいています。)

    ログイン

    メールアドレス
    パスワード
    パスワードを忘れた方は
    こちら

    製品に関するご相談

    OEM・特注などはお気軽にお問い合わせください。
    ※お問い合わせはこちら
    電話でのお問い合わせ 06-7670-5065 平日 9:30~17:00 土日祝お休み

    カレンダー

    2024年7月の定休日
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    2024年8月の定休日
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    ※赤字は休業日です