REX-USB62のFAQ

 
● [1] ご購入前に多い質問 ●
弊社製品を販売している販売店・ネットショップ・代理店・RATOC Premier・
RATOC e2e Storeからご購入いただけます。
詳しくは弊社ショップ情報をご参照ください。
2.54mmピッチのピンヘッダに、直接装着することが可能です。
また、ピン長が6mmである雄コネクタを想定して設計しております。
短いタイプの場合、接続しているピンが抜けやすくなることも
考えられますので、6mm以上を推奨いたします。
HIF3BA-20D-2.54R(ヒロセ)を使用しております。
REX-USB62にはモニタモードとアナライザモードの2つの測定モードがあり、
SPIとI2Cそれぞれの最大周波数は以下の通りとなっております。

■ SPIバス
モニタモード     24MHz
アナライザモード 16MHz

■ I2Cバス
モニタモード     1MHz
アナライザモード 4MHz
RoHS指令には対応しておりませんが、有害6物質不使用製品です。
(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDEの使用を制限)
SPI/I2Cデバイスとの接続ケーブルは
こちらよりご購入いただけます。

USBケーブルは一般品がご使用可能ですので、
家電量販店等でお買い求めください。
SPI Dual/Quad通信のキャプチャーには対応しておりません。
原産国は日本です。

Load More

● [2] 技術的な内容について ●
REX-USB62でI2Cバスの入力部に使用されているICは
TI製SN74LVC2G17DCKです。
本製品では1.8V~5.0Vまで対応していますが、以下の通り電圧によって
VIL/VIHは変わります。
※スレッショルドは、TI社が提供しているSN74LVC2G17のIBISモデルファイル
  より各電圧のVinl,Vinhを抜粋したものです。

1) 1.8V - Vinl:0.7V,  Vinh:1.4V
2) 2.5V - Vinl:1.0V,  Vinh:1.7V
3) 3.3V - Vinl:1.3V,  Vinh:2.2V
4) 5.0V - Vinl:2.0V,  Vinh:3.1V
本製品では、信号の変化によってサンプリングデータを生成します。
サンプリングを行うデータの状況によりデータ量も異なるため、
キャプチャーできる時間については一概には決まっておりません。
特定コマンドをフィルタリングするような機能
(コマンドプロトコルアナライザー)はございません。
複数あるPOWERとGNDはそれぞれ共通となっておりますので、
1ピンずつ結線していただくだけで十分です。
ファームアップモードとなっておりますので、
こちらからファームアップツールをダウンロードし
ファームアップを完了させてから改善されるかをご確認ください。
本製品では複数バス上のデータを同時にキャプチャーすることはできません。
また、1台のPCに本製品を1台のみ使用可能なので、
複数のPCを準備していただく必要がございます。
外部入力トリガはキャプチャーを開始する場合に使用しますので、
終了させるためには使用できません。
モニタモードの場合、TimeおよびTimeSpanを算出することができないため
画面上「-」で表示されます。

 

Time, TimeSpan を確認するには、アナライザモードをご使用ください。
アナライザモードへの切替は以下の手順となります。

Windowsスタートメニューの[すべてのプログラム]-[RATOC SPI/I2C Analyzer]
に登録されている「アナライザ/モニタモード切替ツール」を起動します。


アナライザ/モニタモード切替ツールを起動すると下記画面が表示されますので、
USBケーブルを再接続し、「OK」ボタンをクリックします。


切り替えるモード(アナライザモード)を選択し、「更新」ボタンをクリックします。


モード切り換え中はUSBケーブルを取り外さないでください。


「現在のモード」が切り替わっていることを確認し
「終了」ボタンをクリックします


USBケーブルを再接続し、「OK」ボタンをクリックします。
以上でモードの切り替えは完了です。


アナライザモードでは以下のようにTime, TimeSpan を確認することができます。

Load More

● [3] 保守サポートについて ●
電話でのお問い合わせはI&Lサポート専用ダイヤル
TEL.06-7670-5064(月~金 10:00~13:00 14:00~17:00)
をご利用ください。

E-MAILでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
・E-MAIL:サポートセンター宛メール

修理依頼
修理受付と窓口のご案内 
 ※修理およびサポートの提供期間について
 出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、
 サポートの提供を終了させていただいております。
 詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。
本製品は日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートは
おこなっておりません。
海外へ輸出される場合は、経済産業省が発行する輸出貿易管理令の該非判定用
パラメータシートを発行させていただきます。 
非該当証明書申請フォームよりお手続きください。

Load More