RS-USB60FCのFAQ

 
● [1] ご購入前に多い質問 ●
弊社製品を販売している販売店・ネットショップ・代理店・RATOC Premier・
RATOC e2e Storeからご購入いただけます。
詳しくは弊社ショップ情報をご参照ください。
COMポートの空き(COM255まで)、およびUSBの接続ポートの空きがあれば
何本でもご使用いただけます。
RS-USB60FCは通常のシリアルポートと同様、COMポートとして割り当てられ
認識いたします。
RATOC e2e storeにて法人様を対象に、本製品の貸出サービス(無償)を
提供しております。
貸出条件等の詳細は、RATOC e2e store貸出サービスの案内ページを
ご覧ください。
本製品のMTBFは100,000時間以上となります。
RoHS指令には対応しておりませんが、有害10物質不使用製品です。
ドライバーインストーラーは日本語OS以外では英語表示となっております。
なお、本製品は日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートは
おこなっておりません。
原産国は日本です。
インチネジとなります。
USB UART:FT232BL[FTDI社]
トランシーバー:ZT213LEEA[Zywyn社]
本製品はARM版Windowsには対応しておりません。
iOSに対応したドライバーはございません。
(現在のところiOS対応の予定はございません)

以下の製品を利用することによりiOS上でRS-232C機器と通信が
可能となります。

■ REX-WF60(Wi-Fi RS-232C 変換アダプター)

■ REX-BT60HID(Bluetooth RS-232C 変換アダプター[HID Profile])
 ※機器からの入力のみに対応

■ REX-ET60(Ethernet to RS-232C コンバーター)

Load More

● [2] 技術的な内容について ●
動作確認済みのバージョンは
Android 11, 10, 9, 8.x, 7.x, 6.x, 5.x, 4.x, 3.2です。
まず、PWR LEDが点灯していることを確認し、デバイスマネージャー上で
REX-USB60Fが正常にインストールされているかをご確認ください。
次に、制御用アプリケーションで指定されているCOMポート番号と
REX-USB60Fに割り当てられているCOMポート番号が同じであることを
ご確認ください。
RS-232C側のフレームグランドとUSB側のフレームグランドは
接続されておりせん。 
RS-232C側のシグナルグランド(5番pin)もUSB側のグランド(フレーム/信号線)
と接続されていません。
また、RS-232C側のシグナルグランドとRS-232C側のフレームグランドは
接続されておりません。
USB信号線のグランドとUSB側のフレームグランドは接続されています。
変換基板部のシールド処理は施されておりません。
本製品は±8V出力の仕様の為、TTLレベルでの通信はできません。 
RS232C(TTL)対応につきましては、特注品として別途開発を行う必要が
ございます。 
ご希望の場合は、要求仕様・数量・納期についてご連絡いただきますよう
お願い申し上げます。
 ⇒ 受託開発ご相談フォーム
【デバイスマネージャー】→【変更したいCOMポートを選択しダブルクリック】
→【ポートの設定】 →【詳細】→【COMポート番号】→【任意のCOM番号に変更】
→【OK】
PC本体のCOMポートとREX-USB60Fをクロスケーブルで接続し、
10.4kbpsに設定したターミナルソフトにて通信できることを
確認しております。
本製品が対応しているボーレートは300bps以上であり
110bpsには未対応となります。
RS-USB60FC側(9pin)と接続する、変換コネクタやケーブルを
お買い求めください。 
その際、RS-USB60FC側と機器側のピンアサインもご確認ください。
(弊社では変換コネクタやケーブルの販売はしておりません。)
「PortShutter」など、USBデバイスの使用制限を行なうアプリケーションで
ブロックされていないかをご確認ください。
本製品のドライバーはSHA-2署名されているため、Windowsアップデートにより
対応させることが必要です。
(参照:マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3033929)
RS-232Cからのデータがシリアルマウスデータとして誤認識している
可能性があります。
デバイスマネージャーを開き[マウスとそのほかのポインティングデバイス]-
[Microsoft Serial BallPoint]がある場合は、右クリックし「無効」と
設定して改善されるかをご確認ください。
RS-USB60FCではバッファ内のデータを転送する際のタイムアウト値を
設定することができます。
この時間をデフォルト値の16msecから1msecに変更することにより
データ転送のパフォーマンスが向上することがあります。 

【設定方法】 
デバイスマネージャー上の本製品に割り当てられているCOMポートの
プロパティを開き、
[ポート設定]-[詳細設定]より[待ち時間]を1msecに変更します。
PCのUSB側から本製品に電源供給された時に
RS-232C側へ0x00や0xffが数バイト出力されます。 
機器側がこれらのデータを受信すると誤動作する場合は、
本製品をPCへ接続してから機器を接続して運用してください。
アプリケーション内の受信バッファサイズは
512バイトとなっておりますので、
受信バッファオーバーフローしていると思われます。

Load More

● [3] 保守サポートについて ●
【お問い合わせ窓口】

 電話でのお問い合わせはI&Lサポート専用ダイヤル
 TEL.06-7670-5064(月~金 10:00~13:00 14:00~17:00)
 をご利用ください。

 E-MAILでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
 ・E-MAIL:サポートセンター宛メール

【修理依頼について】
 修理の受付手順等、詳細については下記リンクからご確認ください。
 修理受付と窓口のご案内

 ※修理およびサポートの提供期間について
 出荷完了後5年を経過した製品については、原則として修理、保守、
 サポートの提供を終了させていただいております。
 詳細は、「弊社製品の修理・サポート期間について」をご確認ください。
本製品は日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートは
おこなっておりません。
海外へ輸出される場合は、経済産業省が発行する輸出貿易管理令の該非判定用
パラメータシートを発行させていただきます。 
非該当証明書申請フォームよりお手続きください。
お受けしております。最初にお客様からの要求仕様をお聞きして、
受託開発可否の検討させて頂きます。
お引き受け可能と判断した場合は、お客様仕様での必要工数を算出し、
お見積りをご提示させて頂きます。 

ご依頼の際は、 受託開発相談フォームよりお申込ください。 
受託開発ご相談フォーム

Load More