SREX-SDK4のFAQ

 

● [1] ご購入前に多い質問 ●

SREX-SDK4の入手にはSREX-FSU4G / SREX-FSU4GT をご購入後、
ソフトウェア使用許諾に同意していただく必要があります。
お申し込み手続きの詳細につきましてはこちらをご参照ください。
SREX-SDK4はライセンス料をいただいておりません。
ただし、ソフトウェア使用許諾の範囲内でのご使用に限ります。
SREX-FSU4G(GT) / SREX-FSU3 / SREX-FSU2は4台まで、
SREX-FSU1/SREX-FSU1Gは1台のみ接続が可能です。
(すべてのセンサーを合わせて4台まで接続が可能です)
SREX-SDK3/SDK2で作成したアプリケーションで
SREX-FSU4Gセンサーを利用するには
一部アプリケーションの変更とSREX-SDK4を上書きインストールが必要です。
ユーザーズマニュアル「3-7.アプリケーションのバージョンアップについて」
をご参照ください。
認証用の登録データは約40KBのバイナリデータとして保存されますので
登録人数に制限はありません。

Load More

● [2] 技術的な内容について ●

自作したアプリケーション内で登録データ(約40KBのバイナリファイル)の
保存先を指定します。
認証時に読み出せるディレクトリに保存する必要があります。
SREX-FSU4G/FSU4GT使用時、本SDKで使用する指紋センサー用ドライバーは、
OmniPassSEで使用するドライバーと異なりますので共存できません。 
(SREX-FSU3/FSU2使用時は共存可能です。)
本SDKで使用する指紋センサー用ドライバーは、Windows Helloで使用する
ドライバーと異なりますので共存できません。
アプリケーション内で登録済みのデータと順に比較していくことで
1:N認証は可能となります。
弊社環境で100個のデータと比較が完了するまでの時間が3.5秒以内
であることを確認しました。
(登録データはすべてSREX-FSU4Gセンサーで取得し、
 1個の登録データを1ファイルとして
 アプリケーションを実行しているPCに保存して確認) 

ただし、データの保存先や環境などによって認証までの時間は変わります。
SREX-FSU4Gセンサーでの指紋登録時、
指紋取得毎に指紋情報が登録データとして蓄積されます。
指の同じ個所のみで指紋取得を行うと登録指紋の情報が少なくなるため、
認証時に少し指がずれると認証に失敗することが多くなります。
指の中心部から上下左右に少しずらすように、
指の腹全体を登録するようなイメージでセンサーにタッチしてください。
より広範囲の指紋情報(指の中心部から少し離れた指紋情報)が登録され、
認証時に指の位置が少しずれた場合にも認証しやすくなります。
※ センサー面に指を置き、指を離した時に指紋が取得されます。
本SDKで提供しているDLLはVC++で作成されていますので、
そのDLLから関数を呼び出せる開発環境であればご利用いただけます。
(VC++ / VB / VC#用のサンプルプログラムを提供しています。)

Load More

● [3] 保守サポートについて ●

お問い合わせ窓口】

電話でのお問い合わせはI&Lサポート専用ダイヤル
TEL.06-7670-5064(月~金 10:00~13:00 14:00~17:00)
をご利用ください。

E-MAILでのお問い合わせ(24時間受付/順次回答)
・E-MAIL:サポートセンター宛メール
本製品は日本国内仕様のため、海外での保守およびサポートは
おこなっておりません。

Load More